SHIP inc.RECRUIT 2019

現在、WEBクリエイト部という、WEBデザイン制作のチーム所属にしています。入社3年目の現在、やはり仕事は毎日楽しいことばかりとは限りません。

毎日ドラマのような、劇的なことが起こっているわけでもありません。

でも、いつもより仕事が早く出来た。自分の作ったものが褒められた。
1ヶ月前より、1週間前より、昨日より、少しでもレベルの高い仕事ができるようになった。
そんな小さな喜びが積み重なり、働くやりがいになっていると思います。

シップでは、「自分以外は全てお客様」という考え方があります。
「相手にいかに喜んでもらえるか」を常に考えることで、日々の行動のモチベーションを高く保つ事が出来ています。
今後は社外のお客様との接点を増やし、多くのお客様に喜んでいただく事を今以上に、やりがいを感じられるようになりたいと考えています。

実は私が入社したのは、今の同期の紹介がきっかけで、新卒ではありますが少し遅れた5月でした。

就活の時期も大学の卒制に打ち込んでいたわたしを、同じ大学でシップに内定をもらった友だちが紹介してくれたのがシップとの出会いです。

シップは…なんか変わった会社だな…というのが最初の正直な感想です。

しかし、選考を通じて、就活生に対しての気配りや、社長や採用チームの先輩方が、大勢の中の一人ではなく、私自身をしっかりと見てくれていることを実感していました。

また、大学時代に自分の好みで作品を作ってきた私にとってただ「かっこいい」「お洒落」だけでない、「自分目線」ではなく「お客様目線」で戦略にそったデザインはとても魅力的に感じて、シップへの入社を決めました。

シップの面接では、よくある就活生のテンプレートの答えは必要ありません。

そんな事言われても…と思うかも知れませんが、正直に自分の想いを自分の言葉でぶつけてみてください。

枠におさまらない、向上心のある仲間をシップは求めています。

シップを知ってビビッときた人はきっと「デルクイ」です!

ビビッときた運命を信じて、
この記事を読んでくれているあなたと来年の4月に一緒に働ける事を楽しみにしています。